なぜ子供がランドセルを背負う事になったのでしょう

なぜ子供がランドセルを背負う事になったのでしょう

私達大人はもうすでに、小学生だった頃普通にランドセルを持っていましたが、昔はそうではなかったはずですね。

何かきっかけがあったはずですよね。

そのきっかけらしき事がありました。

皇族方や一部の華族の方々が通う学校がありまして今もありますが、この学校がランドセルの発祥のようなものです。

明治時代18年頃、この学校は生徒が馬車や人力車で通学することを禁止した事があり、子供が当時の軍用の背のうに教科書を入れて通学したことがきっかけのようですね。

しかし、まだ当時は布製で今の天使のはねのような素晴らしい物はありませんでしたが、明治20年頃には現在の皮革製のようなものができたそうです。

そして、大正天皇がこの学校に入学されるので、当時の内閣総理大臣が皮革製の箱型のものを献上したそうです。

こうしたことが背景にあって、天使のはねのような箱型のランドセルが定着していったのですね。

荷物は背中に背負うのが両手も使えて子供は一番安定しますね。

転んでも手が療両方使えますから安全です。

普及には大分時間がかかりました

様々な歴史があるランドセルなのですが、日本全国に当たり前のように普及するには時間がかかりました。

ランドセルを持てる子供は当時そんなにいなかったようですね。

太平洋戦争のあった戦後は地方では、まだまだ教科書は風呂敷でまとめて通学していたようです。

ランドセルを持つ子供はごくわずかでした。

しかし、昭和30年以降には段々と持てるようになっていきました。

日本の高度成長期でしたし、余裕もでてきましたからほとんどの子供達がランドセルを背負う事ができるようになり、今のようにカラーも大きさも時代に合わせる事ができるようになりました。

天使のはねも最初の出始めの頃は、世間には奇抜に見えたのではないかと思いますが、良い物は必ず世間の理解が受けられます。

天使のはねランドセルで学校生活を素敵に!

多少の時間がかかったとしてもぶれる事のない技術とこだわりが人々に必ず伝わるのではないかと思います。

現に、様々な支持を天使のはねは受けています。

これから、何年も子供達の事を考えれば、いくらでも方法やアイデアが浮かんでくるのではないでしょうか。